予防とケア

認知症予防は日常的なケアが必要でありそれに最善なのが食事なので、それに関連した商品の誕生はますます増えてもいます。今後はメーカーや専門機関の連携と言った物が重要となって来る事は間違いなく、それによって更に良い商品が誕生するのです。

» 詳細を確認する

現状について

日本人はよく認知症にかかりやすいと言われているが、現在はその予防の仕方を話し合われている状況だ。そこで金額や価格の傾向は認知症の薬は安くはないが、効き目はしっかりとある。そしてこれまでの歴史や変遷は、予防をどのようにしたかを言う事が可能だ。

» 詳細を確認する

原因と対策を

認知症の原因の1つとしてビタミン欠乏が間違いなく該当します。また、肥満や運動能力低下が原因になる場合もあるので、運動習慣を身に付けることで、予防につながることもあります。

» 詳細を確認する

効果ある脂肪

一品あたりおよそ1000円以内で充分買える

認知症の予防に良いとされる食品は、続々と見出されています。 それは魚やカレーやチョコレートやコーヒーなど、食事やおやつや飲み物まで賄えるバラエティーの広さです。 それでいて掛かる費用はリーズナブルで、1品あたりおよそ1000円以内です。 また、手軽に入手出来るものが多く、取り組み易い予防法です。 よって日頃の心掛け次第で、認知症は予防出来ると期待出来ます。 より効果のアップを目指すなら、鮮度を重視するといった事があります。 認知症を予防するとされる食品は、脂肪を含んだものが少なくない為、その点に注意します。 魚ならば新鮮なものを購入して早めに頂くとか、チョコレートやコーヒーなども賞味期限に注意して開封後は早めに頂くようにするなど注意を払います。 新鮮なものや高品質なものは少し値段が張るかもしれませんが、それでも1品あたりおよそ1000円以内で収まるものが沢山あります。

良い脂肪と良くない脂肪がある

認知症の予防に良いとされる食品は、良質な脂肪や抗酸化作用のあるものなどが目立ちます。 良質な脂肪は魚などに含まれるDHAやEPAといったもので、抗酸化作用のあるものはビタミンCやビタミンEを含むものなどです。 これら酸化し易い脂肪に抗酸化作用のある食品を組み合わせは、脂肪の劣化を防ぎ理想的です。 また、認知症の予防には、血管を強化する事も良いとされ、血流をスムーズにする事や血栓を防ぐ事なども含めて血管にアプローチする食品も推奨されています。 一方で認知症を予防するのに避けた方が良いとされる食品も列挙され、マーガリンやショートニングなどに含まれるトランス脂肪酸は注意喚起されています。 同じ脂肪でもそうした違いがあるので、正しい知識のもと食品を選ぶ必要があります。