原因と対策を

注意するべき生活習慣

認知症の原因の1つとしてビタミン欠乏が間違いなく該当します。中年であり、尚且つ食生活に偏りがある場合などは注意が必要です。低血糖も認知症の原因となる場合があり、特に日によって大量に食事を摂ったり殆ど絶食であったりする場合などは血糖値が不安定になり、殊更に認知症のリスクが高まってしまいます。 食習慣だけでなく運動不足も認知症の原因となる場合があり、肥満や運動能力の低下が認知機能の低下に直接結び付くケースも少なくありません。運動能力が十分であり健康状態に問題が無い内に運動習慣を身に付けることも予防策として悪くありません。有酸素運動を毎日継続して行うことなどは運動療法として特に有効であり、脳を刺激する形でも予防効果をもたらしてくれます。

認知症対策として知って得する情報

ストレスは認知症の一因として知られており、非社交的な人物や几帳面な人物などは性格上特にストレスを抱えやすい傾向にあります。その点認知症予防としては性格を穏やかなものに変えること、外交的で活発な生活を送ることなどが挙がります。 アルコールを過度に摂取すれば脳の委縮を招いてそのまま認知症となってしまう反面、適量を守れば脳の血行を促進することで寧ろ予防効果をもたらしてくれます。ワインはポリフェノールを含んでいるので、動脈硬化や血栓を予防するとされております。 タバコは脳梗塞や動脈硬化の発症率を高め、脳血管性認知症を招く原因としても知られており、非喫煙者より喫煙者の方が認知症の発症リスクが高いとされております。但し一説には喫煙によって脳中枢神経が刺激され、これによって予防効果が発揮されるとのことであり、タバコによる予防効果を信じるならば適度な喫煙を行うことも一概に悪いとは言い切れません。